logo

Story

ロケットサイエンスは、刑務所でもファミ通を愛読していた堀江貴文が「シーマン」、「ザ・タワー」などで知られる斎藤由多加をクリエイターとして起用し設立したゲーム会社ですが、ゲーム事業に先立ち、ゴマブックス社より書籍を発売いたします。

Book

アマゾンKindleランキング1位獲得

書店では8月27日販売予定

本書籍は、ロケットサイエンス社のファウンダーである堀江貴文と、クリエイターである斎藤由多加のコラボレーション作品です。

icon

『指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』(堀江貴文、斎藤由多加=著)

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年、福岡県生まれ。現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリ「テリヤキ」「755」のプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。ホリエモン・ドットコムでは『テクノロジーが世界を変える』をテーマに、各界のイノベーター達に堀江自らがインタビュワーとなり取材したものを連載中。同じく毎日更新のブログ、今話題のニュースを集めたニュースキュレーションでもワクワクするような情報や独自の見解を発信中! 2014年、新世代のゲーム会社ロケットサイエンスを創業。

斎藤由多加(さいとう・ゆたか)
1962年東京都生まれ。ゲームクリエーター。(株)リクルートを経て1994年オープンブック(株)を創業、現在に至る。高層ビルシミュレーション『タワー』の国内外のヒット(海外名はSimTower)で全米パブリッシャーズ協会賞ほか受賞。1995年、日経BP社『ベンチャー・オブ・ザ・イヤー』最優秀若手経営者部門賞。 1999年、『シーマン ~禁断のペット~』をドリームキャスト向けに発売。文化庁メディア芸術祭優秀賞、米国GDC「年間キャラクター賞」はじめ受賞多数。その他、ゲームやアプリを多数リリースしている。 堀江貴文氏のゲーム会社「ロケットサイエンス」にクリエーターとして参加。